地震観測ソフトまとめ

私は家で、日本の地震活動を監視しています。地震観測ソフトウェアを使用することによって、普段は感じない地震なども知ることが出来ます。ここでは地震観測ソフトウェアの中でもおすすめなものを紹介します。

※ここで表示されている情報はすべて記事随筆当時の情報です。現在の情報ではありません。


JQuake

対応OS:Windows/Mac OS/Linux

個人的に一番おすすめなソフトです。

このソフトでは地震のリアルタイム監視・緊急地震速報受信・微弱地震検出通知などこれ一つでできます。

Windows/Mac/Linuxと対応OSも豊富です

Kiwi Monitor

対応OS:Windows

旧名Kyoshin EEW Viewer。これも定番ソフトです。特徴は2画面対応。片方には強震モニタを表示し、もう片方には予想震度マップを表示する。といった使用方法ができます。もちをん1画面にも対応しています。

EqWatch

対応OS:Windows

こちらは上で紹介したソフトにはない機能が多いです。(緊急地震速報をTwitterに自動送信,メールを自動送信など)

現在は下で紹介するEqMiniに機能移行が始まってますが、一部機能はまだ使えないためこちらを利用する手もあります。

Eqmini

対応OS:Windows/Mac OS

上で紹介したEqWatchの後継ソフト。現在はまだβ版で、更新でEqWatchの各機能が使えるようになっていく。EqWatchと違いMacOSにも対応。iOSやAndroidにも対応予定。

EarthQuakeMap

対応OS:Windows

緊急地震速報予想震度・発生した地震の震度マップの表示に特化したソフト。

The Last 10 Second(有料)

対応OS:Windows

ウェザーニューズ株式会社が提供する緊急地震速報受信用ソフトウェア。設定した地点の予測震度をカウントダウンでお知らせ。これはウェザーニュース会員への登録が必要。

タイトルとURLをコピーしました